2016年04月28日

●大手キッチンメーカーの仕事っぷり

IMG_3015.JPG

食洗機が故障したので買い換えた。ビルトインだが、調べてみると意外にもDIYで取り外し据付出来そうだったのでトライすることにした。そこで判明したのが電源問題。ビルトインなので配管配線関係は隠蔽されているのだが、システムキッチン下部に潜り込むと露出型コンセントがポンと置いてあった。その位置はまさに食洗機の真下。水漏れがあれば一発で水を被る場所である。メーカーの設置説明書では水の被らない後方の造作に固定するよう指示がある。当たり前の配慮だろう。

さらに驚いたのが、コンセントの接続だ。写真はプレートを外したところだが、輪作りのひどさといったら、こんな酷い仕事は見たことがないレベル。工事士試験なら漏れなく不合格でしょう。
ちなみに、下側の接地極(本来は送り用)に食洗機からのアースが繋がっていた。その処理も酷いもので、より線がピロピロしたまま無理矢理ねじ込まれていた。

ちょっとこれは許容出来ないレベルで、しかも、本来は外部機器の接地を接続すべき端子が出ていないというのも気になったので、新たに接地極端子付きのコンセントを購入して付け替えた。当然ですが、当方は電気工事士免状を保持しています(二種ですが)。

この仕事をしたのは、誰もが知っているような大手のキッチンメーカーさんだ。おそらく、電気工事士ではない人間が見よう見まねでやった仕事なんだろうが、それにしても酷い。いい値段を取っていたはずだが…。

2016年02月24日

●続:LED電球 3年で故障 → 無償交換してくれました!

LED電球「10年もつ」に疑問の声 「また切れた」の声続出の理由とは
J-CASTニュース 2月24日(水)19時28分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160224-00000009-jct-bus_all

記事を読むと、メーカー公式の見解としては保証期間内の対応ということになっているようですが、当ブログでは一昨年の時点でお知らせした通り、パナソニックさんは3年半過ぎて点灯不良になったLED電球の交換に快く応じてくださいました。

昨年もまた別のメーカーのLED電球が点灯不良を起こしました。今度は東芝ライテック製です。
使用期間はやはり3年半。一日当たりせいぜい3時間程度しか使わない場所での使用ですから、4000時間に満たないはずです。
メールにて症状などをお伝えすると、翌日にはお返事をいただき、ランプ内部の部品故障の可能性が高いということで後継機種に交換となりました。
文面の転載はご遠慮くださいとの但し書きがありましたので差し控えますが、本当に状況をお伝えしただけですぐに交換(もちろん送料は無料。不良の返品は着払い)を伝えられます。

たしかにLED電球は4万時間なんて持たないのかもしれません。
コンデンサの寿命はそんなに長くないですし、温度が上がれば上がるほどその寿命は短縮しますから、現在の構造では製品寿命を迎えるまで不具合なく動作させることは簡単ではないように思います。
もちろん、4万時間持つように設計していただくのが一番ですが、それが難しいのであれば、現実的な寿命を表示していただき、保証期間についても分かりやすい形で表示いただく方がよろしいかと思います。

現在のメーカーさんの対応を前提に、消費者として出来る対策は、各LED電球の使用開始日を記録することです。どれだけ使用してきたか、使用器具や使用場所、頻度を明確に掴んでおけば、いざ故障となった際にメーカーさんに相談し、通常使用での不良と認めていただければ交換してもらえるからです。

2014年10月07日

●LED電球不良:パナソニックの対応は?

LED電球が切れたらどうなる?でお伝えしていた件の続報です。

要するに、4万時間という長寿命を謳うLED電球が、わずか数年で切れてしまった場合、メーカーの対応はどうなるのかという話です。そもそも安価な白熱電球に保証を求めるという話はきいたことがありませんでしたが、LED電球は高価格であり、その低消費電力とともに長寿命であることが選択の大きな動機になっているわけですから、期待される寿命を大きく下回ってしまうのは消費者サイドとしては納得がいきません。でも、現実には比較的短期間で切れてしまうこともあるわけです。

家のLED電球はパナソニック製。購入から3年半ほどでちらつくようになってしまい、パナソニックのサイトから問い合わせてみました。

すると、ほどなく連絡があり、利用場所や利用器具など使用状況を尋ねられました。
結果としては、3年半でおかしくなるのは異常であるとして、交換となりました!
サポートから交換品が送られ、不良品を返送する形です。

おかげで、安心してほかの電球も順次パナソニック製に変えられそうです。
やはり誠実な対応をしてくれる企業から買いたいものですから。

2014年10月06日

●LED電球が切れたらどうなる?

LED電球は白熱電球と桁違いの寿命がその大きなメリットのひとつ。
消費電力の低さとともにLEDへの移行を後押しする一因になっているわけです。

ちなみに寿命は各社横並びで40000時間。
一日8時間換算で5000日。つまり約13年。
一日16時間換算でも6年、24時間点灯しっぱなしでも4年は持つことになります。

なにせLED電球は価格が高い。
なのでこの長寿命をしっかりまっとうしてくれないと元が取れません。
ところが、先日、天下のパナソニックのLED電球が暗くなったり明るくなったりするようになっちゃいました。
購入からまだ3年半ほど。少なくとも寿命ではないはずです。
しかしLED電球の保証ってどうなっているのかよく分かりませんよね。
そこでパナソニックさんのサポートに伺ってみることにしました。
その驚きの対応については後日!

2014年07月11日

●年間100件以上のネット通販常習者が語る初期不良にあたったときの対応

当方は年間100件以上のネット通販をします。
ある年はAmazonのみで150件以上も注文してました。商品は本やDVD、CD、ゲーム、PCハード、家電、服飾品までさまざま。

今日はAmazonのとあるレビュー を読んでいて思ったことを書きますね。

日本電気 A4カラーページ複合機 MultiWriter 5650F PR-L5650F

上記レビュー主のように急いでいるときに初期不良にあたると本当に参ってしまうものです。
こちらとしてはピカピカの新品を買い、いざ使おうと開封したら不良で使えないのですから、うれしさは反転して一気に不満爆発です。
メーカーによっては大変親切に対応してくれるところもありますが、基本的にエンドユーザーの対応を販売店任せにしているタイプのメーカーでは、こちらが期待するような迅速な対応をしてもらえないことがままあります。

そもそも、初期不良は販売店で面倒をみてくれることが多いものです。
たとえば上記レビューのような初期不良時の返品についてはAmazonが応じてくれるはずなのです。
しかし、そのことをメーカーが指示してくるとは限らず、消費者自身が判断しないといけない場合も。

初期不良についてはAmazonのヘルプ&カスタマーサービスに記載があります。

「初期不良の商品については、まず各メーカーまでお問い合わせください。初期不良だと判明された場合、返品期間を過ぎてからでも返品を受け付けることがあります」

ちょっとややこしいですが、食品や洋服以外のもの=電化製品などの返品時の対応については以下にあります。

その他の返品(返金・交換)の条件(「Kindle」「服&ファッション小物」「シューズ&バッグ」「食品&飲料」「特別取扱商品」以外)

「原則として商品代金(税込)を全額返金します(配送料、代引手数料および海外配送手数料を含みます)。交換も承ります (並行輸入品は、交換は承りません)」

急ぎの場合は返品を頼むのと並行して、翌日配達可能な商品を別途購入すれば最短で必要な品物を手に入れられます。もちろん、同じ商品でもいいですし、別のモデルにしてもいいでしょう。購入先をAmazon以外にすることも出来ますし、何なら実店舗に出向いて買うことも出来ます。

基本的に多くのメーカーはいち個人と商品をやりとりするような仕組みが整っていないですから、翌日や当日配送サービスが当たり前のネット店舗と同等の対応を望むのは酷というものです。メーカーの窓口担当とやりあったところでお互い不幸になるばかりですから、文句があるならそれはそれで相談窓口に改善の希望のようなメールでも送り、初期不良の返品・交換などは販売店で手続するが吉と思います。