[GB] GMK OLIVIA X RAMA AL CHERRY OLIVIA

SA PulseはSignature Plasticsというアメリカのメーカーが製造するSAプロファイルのキーキャップですが、こちらはドイツのGMKによるCherryプロファイルのキーキャップです。
ボリューム感のあるぼってりとしてレトロなかわいさを持つSAに対し、GMKは時代性をほとんど感じさせないスッキリとした形状をしています。

一般にキーキャップデザイナーたちはコンセプトやインスパイア源となる何かをもとにカラーウェイ、つまり色のコンビネーションを決めていくのですが、わたしの知る限りこのOliviaについてはローズゴールドをテーマにしたという以外、あまりストーリーが語られていません。とにかく品の良いカラーウェイですね。

Tokyo60のローズゴールドと合わせたレンダーがとても美しい。

 

Tokyo60というのはHHKBに強く影響を受けて東京で設計されたキーボードです。すでにGBが締め切られており、参加者には8月に出荷される予定のはずです。レンダーを見る限り上質なものが期待されましたが、金欠で今回は見送っちゃいました。やはり参加すべきだったかも……。

 

 

話をGMK Oliviaに戻すと、このGBは地域によって取り扱うストアが異なっていて、日本を含むアジアでは以下のリンク先のzfrontierが申し込み先となります。

75%レイアウトにも対応すると思われる151キーのベースセットで$168とまあ標準的でしょうか。最近はやりの40%キーボードに対応するエキストラセットを加えると$219、さらにRAMAワークスによるアルミキーキャップを加えたフル装備だと$287に跳ね上がります。

参加募集は4月28日まで。出荷予定は8月です。

 

スポンサーリンク

[Group buy] GMK Olivia x RAMA AL Cherry Olivia

monksoffunk 登録者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です