« 2006年02月 | メイン | 2006年07月 »

2006年03月18日

●XP on IntelMac

せっかくIntel InsideなMacでもWindowsが動かないんじゃなあ〜、ハックも時間がかかりそうだしなあと思ってましたが、予想外に早いタイミングで実現したようで。

まずPC上でカスタムのWindows XPインストールCD-ROMを作成して、それを使ってインテルMacにインストールする、という2段階を踏むようです。

I. XPインストールディスクの作成
用意するもの:
a) Windows XP Professional Edition SP2のCD-ROM(ブータブルでなくても良いが、ルートディレクトリにI386ディレクトリがあること)
b) xom.zipファイル(註:上記リンクからダウンロードできるファイルは名前が異なりますが、同じもののようです)
c) Nero Burning ROM
d) ブランクCD
e) もちろんPC...
f) 20-30分

手順:
a) xom.zipファイルを解凍する(註:xpというフォルダができます)
b) パッケージに含まれるNero のプロジェクトsp2.nrbをbaselineに使う
c) プロジェクトのルートにXPのソースファイルをコピーする(註:srcディレクトリにインストールCDの中身を全てコピーする)
d) patchフォルダに入っているxomファイル群を上書きする
e) boot loading imageとして、パッケージに含まれるboot.imgを指定する
f) CDを焼いて出来上がり

II. インストール
a) OS XのCD-ROMを使って、ディスクをFATとHFS+のパーティションに分ける
b) OS XをHFS+のパーティションにインストールする
c) OS Xで起動し、ターミナルを使ってxof.efiを/System/Library/CoreServicesにコピーする
d) cdで/System/Library/CoreServicesに移動し、
sudo bless --folder . --file xom.efi --setBoot
を実行する
e) 再起動して、XPのCDを挿入し、Windowsを下矢印で選択して3分ほど待つ
f) 作成したFATパーティションを選択する
g) インストール("press any key to boot from CD"がうまく働かないので、次の再起動時にはCD-ROMをとり出すことを忘れないように)
e) 出来上がり!

howtoテキストには、表示されるメッセージなど、各手順のより詳細な説明も書かれています。実際に試される方は、そちらもご参照下さい(もちろん自己責任でお願いしますね。ざっと見たところでは、もとに戻す方法がこのhowtoには書いてないですし。再フォーマットでいいのかな)。

続きを読む "XP on IntelMac"