« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月27日

●テレビ=ワンセグ議論がもたらす違和感

日経系のサイトの記事に、小石を噛んだような違和感を覚える。

地デジにあえて移行しない人たちがいる

トラックバック先は著者のブログでこちら

メディア接触の視点から3つの年齢層に分類し、最若年層となる20歳以下の層、つまり学生の層においては携帯がライフスタイルの中心に存在していることを根拠として、ワンセグ付き携帯、もしくはワンセグ付きPCがテレビの代替として増加するだろうという意見だ。

もっとも違和感を感じるのは、タイトルのニュアンスと記事内容が食い違っていることだ。この記事だと、ワンセグは地デジではないということが前提となるわけで、正確さが求められる新聞社系のサイトとしていかがなものかと首を傾げたくなる。おそらく、サイト運営サイド(編集者)の判断により、出来るだけ目を引く見出しにしたということなのだろう。こちらもまんまとはまった口だ。

タイトルの件はともかくとしても、テレビ=ワンセグという層が増加するという意見もにわかには受け入れがたい。携帯に搭載され、カーAVにも搭載されることが珍しくない現在では、ワンセグ視聴の機会は増していくことは間違いないけれど、それはテレビ=ワンセグ限定ということを意味しない。モバイルという視聴環境の制約から、「仕方なしに」画質の悪いワンセグで「我慢している」ということだろう。

MP3をはじめとする圧縮音楽の台頭により、必ずしもクオリティの低さがエンタテインメントを楽しむ上での障害にならないことが示されたものの、ワンセグと地デジ(ここでは狭義の地デジ)との品質差は、MP3とCDのそれとは比較にならないほど大きい。従来の著作権概念からはみ出した故に成功を収めたYouTubeも、この議論の支えにはなってくれないだろう。

著者の議論において、最たる欠陥は、若年層においてテレビ=ワンセグ化の傾向が増し、「年々増加し続ける」としていることである。指摘通り、現在の20代にはパソコンを持っていない人が少なくないと言われている。仕事に忙しく、家に寝に帰るだけの生活ではなるほどパソコンは不要で、テレビがないという家もあるだろう。けれども、その生活スタイルが一生続くとはとても思えない。結婚して家庭を築くようになっても、家族でそれぞれの携帯でテレビを観るというのだろうか? 単身者だとしても、独り身なれば経済的な余裕、時間的余裕からすっかり安価になった大きなテレビを買うことは容易に想像出来る。それでも携帯でワンセグを楽しむということは考えにくい。

ワンセグが、中高生に特化したメディアとしての可能性を秘めていることは間違いないだろうが、彼らも歳を重ねるうちに確実にライフスタイルは変化していく。その視点が足りないのだ。

2007年08月21日

●アムトランスのセールは今週限りよ!

約一ヶ月におよぶセールもいよいよ今週限りですね。
高額商品がどんどんSOLD OUTになっているのを見ると、景気は決して悪くないのだなあと。
なんで私の周りは景気悪いのだか。

真空管と高音質部品のアムトランス

真空管アンプ関係では、春日無線変圧器のECL82シングルアンプキットも気になるところです。焼き付け塗装済みシャーシみたいだし、出力も2W+2Wと、手持ちのPCL86シングルよりも大きい。巷の噂によれば音も良いとか。
PCL86アンプについてはそのうちレビューする予定ですが、これ、かなり良いものです。

春日無線変圧器

2007年08月20日

●無料ゲームはいかが?

無料ゲームも当たり前みたいな時代になりましたが、今回紹介するのはメダルゲーム専門サイト。
スロットマシンのスタイルが日本式じゃなくてアメリカ式ってのがミソでして、ラスベガスでやったスロットそのまま。暇つぶしに遊んでみてくださいな。




2007年08月18日

●A8.netが50万サイト突破! キャンペーン中

アフィリエイトの大手、A8.netの提携サイトが50万を突破したそうです。世の中にいったいどれだけの数のサイトがあるのかは不明ですが、紙や電波など既存メディアの数とは比較にならない規模であることは間違いありません。しかもクリックすればすぐに飛べるという便利さ。今後ますますネット広告のシェアは増加していくはずです。

雑誌やテレビから個人のブログへと広告が流動化する時代。
難しく考えずに遊び感覚で参加してみるのも楽しいですよ。
で、私からキャッチフレーズをひとつ。

テレビCM、雑誌広告はもう古い? A8.netで根こそぎ広告奪取計画!



2007年08月15日

●最高のヘッドフォンとは




一本ウン万円もするケーブルが珍しくないオーディオの中では、ヘッドフォンはまだましな方だと思う。もちろん高い商品もあるが、品質と天秤にかけたときに理解出来る範囲内だ。それに、定番的な商品というのが知れ渡っているのも好都合。それらの中から好みのものをチョイスすれば、さほどはずれはない。

で、今回紹介するのは数年来愛用中の品。オープン型と呼ばれるもので、密閉型につきものの閉塞感がなく、長時間の使用でも聴き疲れが少ない。音に関しても充分にフラットで文句なし。

安いとされていた米国の有名ショップから取り寄せても3万円以上はしたと思うが、スピーカーでこれだけのクオリティの音を実現するにはとんでもないコストがかかることを考えると、高い買い物ではないと思う。しかも、いまは国内で3万円以下で手にはいるというからびっくり。
マジな話、これで慣れちゃうと、ほかのヘッドフォンが辛いよ。
とくにCDショップの試聴コーナーに置いてあるヘッドフォン。あれはどうにかならんもんかな。

ゼンハイザー ダイナミック・オープンエアー型 HD580 PRECISION

2007年08月14日

●なんで全プレが成立するのだろう?

以下のサイトは、応募者全員にプレゼント、いわゆる全プレを行っている。商品も、ニンテンドーDSやくまのプーさんの特大ぬいぐるみやら、キックボード、ガンダムのプラモデルなど、決して安いものじゃない。それを全員にプレゼントというのはどんなからくりがあるのか? 広告配信を許す替わりに商品をもらうということになるのだろうが、それだけでペイできるのでしょうかねぇ? メールソフトにスパム対策が施された現在ですから、広告は弾けちゃうわけだし……ねぇ?
それにしても全プレとはなんと魅力的な響き。当選者がいるんだかいないんだか最後まで分からない悪徳業者よりははるかによろしいんじゃないでしょーか。ああ、DSほしー。



2007年08月11日

●お店ラーメンを自宅で〜光麺



わけあって外出がままならず、それでもうまいラーメンが食べたくて、光麺のラーメンを楽天から取り寄せた。こくのあるしょうゆと、比較的すっきりしているとんこつ、それに塩ラーメンから選べる。おすすめはとんこつかしょうゆ。チャーシューやメンマなど必要はものはすべてそろっているので、ほかに材料はなくてOK。豪勢に行きたいなら、ゆで卵でも追加しましょう。お店とほぼ同じ味わいが自宅で楽しめました。

うまいラーメンが食べたいけれど家から出られない。子供が小さいのでなかなか食べに行けないという主婦のみなさんにおすすめです。

あ、光麺は池袋や表参道にあるちょっと小洒落たラーメン店。機会があったら実店舗でも食してくださいな。