« 2011年05月 | メイン | 2011年08月 »

2011年06月13日

●coreserverの憂鬱

引き続きレンタルサーバの話。
telnetで探ってみたところ、TLSの対応に問題があることが判明した。
以下はサポートに投げた文章。

[2011-06-12 18:13:40]
もう少し調べてみましたが、どうやら御社のサーバ群では設定にバラツキがあるようで、一部では確かにTLSに対応していますが(たとえば上記s9.coreserver→s1.coreserverに飛ばされていますが、STARTTLSに正しく応答します。s8.coreserver.jpも正しくTLSに応答出来るようです)、複数のサーバで、TLSに対応出来ていないのにも拘わらず、EHLOに対してSTARTTLSのサポート有りと応答するものがあるようです。これが今回のエラーの原因ではないかと想像します。
たとえば、s177もs176同様にこのパターンでエラー(454 TLS missing certificate)となります。

coreserverのその他のサーバでは、EHLOに対して正しくSTARTTLSのサポートがないと応答する(というか250-STARTTLSを返さない)ので、先方(たとえばgmail)がこのサーバはTLS非対応と判断できるために問題が起こらないかもしれません。
このパターンはs17.coreserver s99.coreserver s100.coreserver s120.coreserver s178.coreserverなどです。

というわけで、私の理解が正しいようでしたら、s176.coreserverのSMTPに関してTLSを使わないよう変更していただくことは出来ますか?
無理ならば無理と早めにお返事いただければ他のサーバに移動するなりしますので、なるべく早く回答いただけると助かります。

投げてから17時間ほど経つが、いまのところ反応なし。
最初の質問を送って12時間後にステータスが「対応中」になりはしたものの、どんな「対応」なのかアナウンスもないというのはどうしたものか。ひとことを書き込む暇もないのかなあ。

というわけで、利用者のみなさんorこれから利用しようと思っている方は、s176あたりの新しいマシンは避けた方がいいかもしれません。

2011年06月12日

●レンタルサーバ不調です

このサーバを借りているcoreserverのメールが不調だ。
gmailからのSMTPを蹴ってしまうらしい。メール後2日経つと以下のようなものが差出人に届く。

Technical details of temporary failure:
Google tried to deliver your message, but it was rejected by the recipient domain. We recommend contacting the other email provider for further information about the cause of this error. The error that the other server returned was: 454 454 TLS missing certificate: error:02001002:system library:fopen:No such file or directory (#4.3.0) (state 9).

TLSにきちんと応答していない?
で、サポートに依頼中。これが解決出来ないんだったらほかの業者に移るつもり。
割と評判良いのはさくらインターネットとか?