« ゲーム | メイン | ネットビジネス »

2007年09月15日

●いまや音楽は大人のもの? WEBマガジン創刊

音楽を積極的に聴いて、好きなアーティストのインタヴューを読んだり、音楽を深く追求したりという行為が、若い世代から消えつつあるという。音楽リスナーの中心層は20歳前後と言われているが、もはや彼らは音楽を「鳴らして」いても「聴いて」はいないのかもしれない。
だからなのか、いまやレコード会社もメディアも狙うは中年層。音楽を必死で「聴いて」いた世代をターゲットに、さまざまな商品開発にいそしんでいる。

このウェブジンもまたその流れを汲むものだ。スポンサーはラガー。ラガーと言えばユーミンということなのか、雑誌で言うところの巻頭特集に当たるのが松任谷由実ロングインタビューである。立教女学院の学生時代から始まり、初めて買ったレコードや、ベース(米軍基地)での体験、高橋幸宏らとのブッタズ・ナルシィーシィーといったデビュー前の話に触れるバイオグラフィ的な内容は、決して目新しくはないものの、ファンなら楽しんで振り返ることが出来るはずだ。

ちなみに高橋幸広のインタヴューも。彼も立教(男子校)出身者だが、これは偶然?

大人の音楽WEBマガジン「e-days(イーディズ)」

2006年03月18日

●XP on IntelMac

せっかくIntel InsideなMacでもWindowsが動かないんじゃなあ〜、ハックも時間がかかりそうだしなあと思ってましたが、予想外に早いタイミングで実現したようで。

まずPC上でカスタムのWindows XPインストールCD-ROMを作成して、それを使ってインテルMacにインストールする、という2段階を踏むようです。

I. XPインストールディスクの作成
用意するもの:
a) Windows XP Professional Edition SP2のCD-ROM(ブータブルでなくても良いが、ルートディレクトリにI386ディレクトリがあること)
b) xom.zipファイル(註:上記リンクからダウンロードできるファイルは名前が異なりますが、同じもののようです)
c) Nero Burning ROM
d) ブランクCD
e) もちろんPC...
f) 20-30分

手順:
a) xom.zipファイルを解凍する(註:xpというフォルダができます)
b) パッケージに含まれるNero のプロジェクトsp2.nrbをbaselineに使う
c) プロジェクトのルートにXPのソースファイルをコピーする(註:srcディレクトリにインストールCDの中身を全てコピーする)
d) patchフォルダに入っているxomファイル群を上書きする
e) boot loading imageとして、パッケージに含まれるboot.imgを指定する
f) CDを焼いて出来上がり

II. インストール
a) OS XのCD-ROMを使って、ディスクをFATとHFS+のパーティションに分ける
b) OS XをHFS+のパーティションにインストールする
c) OS Xで起動し、ターミナルを使ってxof.efiを/System/Library/CoreServicesにコピーする
d) cdで/System/Library/CoreServicesに移動し、
sudo bless --folder . --file xom.efi --setBoot
を実行する
e) 再起動して、XPのCDを挿入し、Windowsを下矢印で選択して3分ほど待つ
f) 作成したFATパーティションを選択する
g) インストール("press any key to boot from CD"がうまく働かないので、次の再起動時にはCD-ROMをとり出すことを忘れないように)
e) 出来上がり!

howtoテキストには、表示されるメッセージなど、各手順のより詳細な説明も書かれています。実際に試される方は、そちらもご参照下さい(もちろん自己責任でお願いしますね。ざっと見たところでは、もとに戻す方法がこのhowtoには書いてないですし。再フォーマットでいいのかな)。

続きを読む "XP on IntelMac"

2006年02月13日

●すげー画期的なインターフェイス!

あまりの衝撃にぶっ飛びました。
まずは以下のサイトでビデオを観て下さい。

Multi-Touch Interaction Research

これまでのタッチパネルは一点のみを感知して、クリックやドラッグなどを実現してきましたが、この新しい技術では複数ポイントの接触を感知することによって、より複雑で人間的なインターフェイスを実現します。たとえば、机の上で地図を広げるような動きや、左右の手で同時に複数の写真をかき分けるような動作が出来てしまってます! なんというか、マウスやトラックボールを含めた従来の手法がいかに古臭くて非人間的なものであったという厳然たる事実をつきつけられたような思いです。
いや〜衝撃です。