Attack25ファームウェアのhexファイル

qmkをクローンしてファームウェアをビルドします––普段、コードを書いたりしない人にとってこれはちょっとハードルが高いかもしれません。

ということで初期ファームをビルドしたhexファイルをご用意しました→attack25firmware_190123
(旧バージョンattack25firmware

 

ファームはLEDの実装によってフォルダを分けています。

  • 1led…SW1の部分にのみLEDを実装した場合
  • back…バックライトとしてキーキャップ面が光るように25 個実装した場合
  • under…アンダーグロウとして底面を照らすように5個実装した場合
  • noLED…LEDを実装していない場合

さらに各フォルダ内にはキーマップに応じてファイルがあります。

 

用意されているキーマップ

現在は以下の3つのキーマップに加えて、後述するMac用キーマップがあります。

defaultキーマップ

 

keiriキーマップ

 

moto-ydaキーマップ

 

macキーマップについて

mac用キーマップを新規作成しました。
OSXはNumLockを使用しないのですが、こちらのファームを使うことでMacでもWindowsと同様にNumLockを切るとアローキーなどが機能します。

割り振っているキーマップはdefaultキーマップに準じていますので、そちらを参照ください。

※macキーマップでもFN+Delキーを押すことで通常のWindowsモードに切り替えることが出来ます。もう一度FN+Delキーを押すとMacモードに戻ります(トグル動作)

※OSXではスクロールロックが液晶モニタの輝度ダウンに割り振られています。いずれ変更するつもりです。

 

ファームウェアを書き込む方法

ファームウェアの書き込みにはQMKToolboxが便利です。

QMKToolboxのありか→https://github.com/qmk/qmk_toolbox/releases

MacOS版:QMK.Toolbox.app.zip

Windows版:qmk_toolbox.exe

 

  • Local fileから焼き込むファイルを選択
  • Microcontrollerがatmega32u4であることを確認
  • Auto-Flashのラジオボックスにチェックを入れる
  • USBでProMicroをPCに接続
  • Attack25の裏面にあるリセット用スイッチをダブルクリック

 

以上で書き込みされるはずです。

うまくいかないときはProMicroのリセット用スイッチを再度クリック。

それでもうまくいかないときもあります。

その際は、一度、QMKToolboxを終了させ、再度立ち上げて上記を繰り返すとうまくいくはずです。

monksoffunk 登録者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です