Attack25 VIA対応ファーム

VIA Configuratorというアプリが開発されていることは知っていましたが、いままで調べるのが面倒で放置してました。

つい最近、ALETH42のα版に参加されたfoostanさんから手ほどきを受けて使ってみたら思いの外便利だったので、Attack25も対応することにしました。

VIAはPC用のアプリによってキーボードのレイアウトをオンザフライで書き換えできます。つまり、ちょっとした変更のたびに面倒だったビルドが不要です。

ただ、VIAを使うためにはあらかじめ対象となるキーボードにVIA用のファームを焼いておく必要があります。また、VIAにそのキーボードに対応した設定項目を実装しなくてはなりません。

本来ならVIAにPRを出してマージしてもらう必要がありますが、VIAには外部ファイルを読み込ませる機能がありますので、これを使って非公式に対応することにしました。

対応ファームウェア

VIAに対応したAttack25のファームは以下にあります。

NumAttack16も含む最新版https://github.com/monksoffunk/qmk_firmware/tree/feature/attack25_2020JUN/keyboards/attack25

ひとつ前の場バージョン(NumAttack16は非実装版)https://github.com/monksoffunk/qmk_firmware/tree/feature/attack25_via/keyboards/attack25

ビルドの コマンドは以下になります。

make attack25:via:flash

・VIAキーマップに限りデフォでRGB LED点灯します。
・上記のコマンドはNumLock機能のないMacなどのOSでも使えるモード優先です(キー操作でWinモードに切り替え可能)
・Win機をメインに使っていてNumLock情報をPCサイドで受け取る動作をデフォとしたい場合は、以下のようにオプションつけてビルドします。

make ATTACK25=win attack25:via:flash

・ファーム上はTrue25配列になっていますが、Universal版の場合、VIA上の後述のレイアウトオプションで設定することで設定可能です。

※テスト中です。バグあるかもしれません

最近の本家マスターの更新を取り入れています。新しいLEDのエフェクトも入っていてこれも楽しいです。

ビルド環境を入れるのが面倒くさい人のためにhexを置いておきます。

attack25_rev1_via

VIA Configurator

まず、お使いのOS用VIAアプリをダウンロードします。下記サイトのDownloadにあります。

https://caniusevia.com/

次に、下記のAttack25用設定ファイルをダウンロードします。zipファイルを解凍するとattack25.jasonというファイルを得ることが出来ます。

attack25_via_jason

VIAのアプリを起動して、File>Import Keymapからさきほどのattack25.jsonを指定して読み込みます。

VIA

VIAファームウェアが焼き込まれたAttack25をすでにPCに接続していれば、下記のようにアプリから認識されます。

あとはUIを頼りに感覚的に操作できると思いますので、簡単に説明しておきます。

追記:レイアウトオプションが追加されました。True25だけでなく、Universal版の場合に選択可能なすべてのレイアウトに対応しています。

レイアウトを選択すためには、まず、VIA画面左上のリストからLAUOUTSを選びます(クリック)。次に、たとえば、左下の2uサイズの0を使う場合は、Col1-2 2uというオプションスイッチをオンにします。

設定したいATTACK25と同じ図が出来たら、いよいよキーのレイアウトを設定します。キーのレイアウトを変更する手順は以下のようになります。

・VIA画面左上のリストからKEYMAPをクリック

・画面上側に表示されているAttack25のさらに上にあるLAYERから対象となるものをクリックして選択

・キーの中から対象となるキーをクリック

・画面下側左に表示されているBASIC、MEDIAなどキーコードのグループのリストから希望のものをクリックし、その右側に表示される個別のキーを選んでクリックします

これだけで変更が即座に反映されます!
とても便利ですね。

※MTなど複雑な設定をする際はAnyキーを押すとポップアップするダイアログにMT(MOD_LCTRL, KC_TAB)などを直接入力するのですが、VIAのSettingでAllow remapping via keyboardをオンにしていると、Anyキーのダイアログがうまく機能しません。頻出はまりポイントです

MACROの設定やLIGHTINGの設定も可能です。これまたすぐに反映されるのでLED色の指定などが便利になります。ただ、VIAの現バージョンでは最新のRGBアニメーションがリストに出てこないため選択できません。これに関してはAttack25本体で操作すれば出てきますのでぜひお試しを。

投稿者: monksoffunk

Attack25 VIA対応ファーム」に2件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください